ニュースバックナンバーへ

社会福祉団体等に総額1295万円を寄贈2017年6月9日(金)

平成15年の協会設立から続けている基金贈呈。今年は15団体に総額1295万円を寄贈。累計では1億4459万円となった。

 大阪福祉防犯協会は5月19日、シティプラザ大阪で平成28年度定時総会ならびに第15回基金寄贈式を開催した。

 総会では全議案を可決承認。役員改選では全理事が留任。さらに新任として楽園の道野鏞樹代表取締役、べラジオコーポレーションの吉田拓明代表取締役社長の両名が理事に加わった。

 その後行われた基金寄贈式では、府内の社会福祉団体等15団体に対して総額1295万円を寄贈。これで累計寄贈額は1億4459万円となった。

 同協会の高智茂会長は「当協会は社会福祉及び防犯活動に寄与することを目的に平成15年に設立した団体。毎年小さい基金ではありますが贈呈式を実施している。これからも皆様方のご協力を仰ぎながら毎年続けていきたい」と継続した支援に意欲を燃やした。

 また板倉行央副会長は「業界は厳しい状況下にある中、例年通り基金を贈呈できたことを嬉しく思う。まだまだ我々の力は微力にすぎないが、今後も支援を続けていきたい」などと述べた。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年7月28日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長