ニュースバックナンバーへ

不正流出疑義でユニバが特別調査委設置〜約20億円2017年6月9日(金)

 ユニバーサルエンターテインメント(富士本淳代表取締役社長)は6月8日、同社子会社の資金約20億円が、適正な社内決裁を経ずに、不正に流出した疑義が判明したとして、3名の外部専門家から構成される特別調査委員会を設置すると発表した。

 疑義が指摘されるのは、同社取締役会長の岡田和夫氏と同社取締役管理本部長の根岸良直氏により2015年3月に実施された同社子会社香港法人のTiger Resort Asia Limited(TRA)から第三者への貸し付け。発表によると、この貸し付けが適正な社内決裁を経ずに行われていた可能性があったとして今年5月23日に開かれたユニバ社の臨時取締役会に報告された。

 これを受けて同社は岡田会長及び根岸取締役の同社、同社子会社及び同社関連会社におけるすべての業務執行権限及び命令権を停止。監査役、内部監査室及び外部専門家を交えた社内調査チームを設置していたが、調査の結果、TRAから第三者に貸し付けられた約20億円が岡田会長個人の利益を図る疑いが判明したと指摘している。

特別調査委員会の構成

委員長 政木道夫/弁護士(シティユーワ法律事務所)。元東京地方検察庁特別捜査部検事、元東京地方裁判所刑事部判事補。

委員 松尾宗太郎/弁護士(シティユーワ法律事務所)

委員 深山美弥/弁護士(シティユーワ法律事務所)


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年10月21日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年11月号
    • 巻頭グラビア
      ベガスベガス新宿東南口店
    • 巻頭特集
      どうなる認定・撤去 5.9号機の可能性は?
    • 特集
      PB機の可能性