ニュースバックナンバーへ

高射幸性パチスロ機、3月末で約48万台設置2017年5月24日(水)

 日電協によると、新基準に該当しないパチスロ機の設置台数は、3月31日時点で63万472台となった。同時点のパチスロの総設置台数は168万8,520台で、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率は37.34%で推移している。

 新基準に該当しないパチスロ機のうち、高射幸性に区分されるパチスロ機の設置台数は、同時点で48万3,709台。新基準に該当しないパチスロ機に占める設置比率は76.72%、パチスロ全台に占める設置比率は28.65%となっている。

 また、高射幸性に区分されるパチスロ機のうち、3月31日時点で検定が切れている機種の設置台数は、27万6958台となっている。

 全日遊連では、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率を今年12月1日までに30%以下とする数値目標を掲げている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月18日(金)のイベント

  • 三洋物産パチンコ新機種『CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム』/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年8月号
  • 特集
    警察庁「規則改正案」
  • 巻頭特集
    浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
  • 行政講話
    警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長