ニュースバックナンバーへ

払出しが鍵を握る「ペイアウトリンクシステム」2016年12月14日(水)

『パチスロ ソウルキャリバー』

 山佐はパチスロ新機種『パチスロ ソウルキャリバー』を発表した。

 全世界でシリーズ累計1400万本以上を出荷したバンダイナムコエンターテインメントの格闘ゲームとコラボレーション。『パチスロ鉄拳』シリーズ、『パチスロ ゴッドイーター』シリーズに続く、山佐×バンダイナムコエンターテインメントの強力タッグによる第3の柱が誕生した。

 『パチスロ鉄拳』シリーズでは「拳」、『パチスロ ゴッドイーター』シリーズでは「神喰」、そして『パチスロ ソウルキャリバー』で鍵を握るのが「魂(ソウル)」の存在だ。

 『パチスロ ソウルキャリバー』のゲームフローでは「魂=払出し」。チャンスゾーン、ボーナス中、ART中など、あらゆる場面で払出しがゲーム性を支配する。例えば通常時は、払出し枚数が規定ソウル枚数に到達するとチャンスゾーンを抽選。一方ART中は、サブ液晶に表示されたソウルを払出しにより減算し、勝利することでゲーム数上乗せまたは上乗せ特化ゾーン突入となる「デッドラインバトル」を目指す、といった具合だ。

 小役の払出し枚数は1枚、2枚、3枚、5枚、8枚、11枚の6種類。ARTは純増約1.5枚で1セット50ゲーム+α、ボーナス獲得枚数はソウルボーナスが約157枚、レギュラーボーナスが約53枚となっている。

 納品は年明けの1月下旬開始予定。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. (C)YAMASA

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年2月26日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年3月号
    • 巻頭特集
      撤去後に差し込んだ一条の光 主役ミドルに広がった多様性
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      藤田宏 株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所 代表取締役社長
    • Report
      テコ入れサイン出る甘デジ市場 『フィーバークィーンII』が下支え