ニュースバックナンバーへ

「ベスト傾奇ニスト」にダチョウ倶楽部と熊切さん2016年11月7日(月)

ベスト傾奇ニスト2016に選ばれた熊切あさ美さんとダチョウ倶楽部の3人。

 ニューギンは11月7日、新機種『CR花の慶次X(いくさ)〜雲のかなたに〜』の導入を記念して、「ベスト傾奇(かぶき)ニスト2016」発表&授賞式を都内で開催した。

 CR花の慶次シリーズに登場し、傾奇者として知られる戦国武将、前田慶次にちなみ、常識を超えた言動や行動で話題となった著名人を表彰するもので、第3回目となる今年は、トリオ芸人のダチョウ倶楽部とタレントの熊切あさ美さんがベスト傾奇ニストに選ばれた。

 ダチョウ倶楽部は芸能生活31年目を迎え、長年子供から大人まで親しまれ、常に話題を振りまいていること、熊切あさ美さんは今年舞台などで活躍したほか、芸能ニュースでも多くの話題を振りまいたことが受賞の理由となった。

 ダチョウ倶楽部の3人は、「我々はこの賞を取るために芸能界に入ってきたといっても過言ではない。むしろ(受賞が)遅すぎた」などと受賞の感想をコメント。それぞれの傾奇エピソードでは上島さんが、「俺の誕生日は1月20日の大寒で一番寒い日。芸人が一番生まれてはいけない日。生まれた時から傾(かぶ)いている」などと笑わせた。

 熊切さんは、「とても嬉しいです。何とかニストってついている賞は取ってみたかった」と述べたほか、「人生でもリーチまではよくいくんです」と私生活面でなかなか大当たりしないもどかしさを吐露した。

 第1回のベスト傾奇ニストは坂上忍さんと遠野なぎこさん、第2回は篠原信一さんと矢口真里さんが受賞している。


  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年2月26日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年3月号
    • 巻頭特集
      撤去後に差し込んだ一条の光 主役ミドルに広がった多様性
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      藤田宏 株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所 代表取締役社長
    • Report
      テコ入れサイン出る甘デジ市場 『フィーバークィーンII』が下支え