ニュースバックナンバーへ

第8回全国青年部会に24都府県・111名が出席2016年10月14日(金)

京都で行われた第8回全国青年部交流会には24都府県から111名が出席した。

 全国都府県遊協の青年部会が一堂に会する「全国遊技業青年部交流会」が10月13日、京都市内で開かれ、24都府県から青年部会員ら111名が出席した。

 8回目となる今回は、「おいない ぱちんこ!わてらででける明日から」をメインテーマに掲げ、徳島文理大学総合政策学部講師・鍛冶博之氏による基調講演、業界誌やコンサルタント、ホール経営者らを交えたパネルディスカッション、さらに参加青年部員によるグループディスカッションが行われた。「おいない」とは京都の言葉で「おいでよ」の意味。

 基調講演では鍛冶氏が、「業界健全化への日常的挑戦」と題し、健全化の実現に向けた短期的、長期的な取り組み、収益性との両立などについて提案。鍛冶氏は、「健全化」の本質について、狭義的には行政が指導する遵法営業や不正排除、射幸性の抑制、のめり込みの抑制などがあるとしながら、「最終的にはイメージの問題ではないか」と指摘。イメージは戦略で変えることができるとし、まずは将来像やビジョンの確立を求めた。

 パネルディスカッションでは、遊技通信社代表取締役・伊藤實啓氏を司会進行役に、コンサルティングのトリスト代表取締役・中川系太郎氏、ホール経営企業のSTI代表・徳田幸修氏、業界誌のシークエンス編集長・POKKA吉田氏、および鍛冶氏の4氏が、パチンコの社会的必要性や未経験者の取り込み、将来のパチンコ像などについて意見を交わした。

 グループディスカッションでは青年部会員らが12グループに分かれて、今回のテーマである「自分たちにできること」を中心に討議した。

 交流会に参加したのは、岩手県、東京都、茨城県、岐阜県、愛知県、滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、京都府の各青年部会員と、宮城県、福島県、栃木県、神奈川県の各若手経営者ら。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年9月25日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年10月号
    • 巻頭特集
      “持ち玉遊技タイプ”へ高まる ファンのモチベーション
    • 特集
      解説!「規則改正」
    • Report
      被災地・南三陸町の子ども達に笑顔を届ける