ニュースバックナンバーへ

「火サス」のPとSが同時デビュー2016年9月29日(木)

9月28日に内覧会が開催された。写真は『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』を試打するホール関係者。

 タイヨーエレックは「火曜サスペンス劇場」とタイアップしたパチンコとパチスロの2機種を同時発表。9月28日、都内で『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』と『パチスロ火曜サスペンス劇場』の内覧会を開催した。

 両機種とも片平なぎささん、船越英一郎さんが主役の「小京都ミステリー」がモチーフ。「崖」演出発生で大チャンス、事件解決で大当たりとなる単純明快なゲーム性で誰でも楽しめる機械に仕上げている。

 『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』は大当たり確率1/299.3(高確率時1/48.4)で確変突入率は62%。

 完全撮り下ろしの計22のストーリーを搭載し、犯人役には豪華ゲストを多数起用、吉田鋼太郎さんや高橋ひとみさんなどの実力派俳優に加え、井戸田潤さん、小沢一敬さん、イジリー岡田さんといったお笑い芸人がリーチ演出を盛り上げる。大当たりラウンド数は15R(払出値1560個)、10R(同1040個)、8R(同832個)、4R(同416個)、2R(ショート開放)で、通常大当たり後は100回転の時短を付与。通常時は8個保留を採用している。

 一方、『パチスロ火曜サスペンス劇場』はBIG BONUS(約312枚獲得)とMIDDLE BONUS(104枚獲得)を搭載し、BIG BONUS終了後に32GのRTを付けたノーマルタイプ。

 難事件を題材とした3つの事件解決演出を搭載し、事件解決でボーナス当選、また「お手柄ンプ」点灯でもボーナス当選となる。事件演出が発生する際は必ず「サスペンスフリーズ」が発生。「サスペンスフリーズ」が発生すると2時間ドラマを1分間に凝縮したムービーが流れ、最終的に事件を解決すれば大当たりとなる。ボーナス中に技術介入を行うことで、「サスペンスフリーズ」が発生しない「お手柄ンプ」のみの完全告知仕様にモードチェンジできるほか、3つのリールを同時に停止できるクイックストップ機能を搭載。ワンアクションでボーナス図柄を揃えることができるなど、ノーマル機の1番の醍醐味であるボーナスを揃える瞬間にこだわりを見せている。

 なお、両機種とも納品開始は11月27日(最速地域)。

(C)NTV (C)大映テレビ (C)ホリプロ (C)東宝芸能 (C)山村美紗オフィス
(C)Sammy (C)TAIYO ELEC

  • image
  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年1月24日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年2月号
    • 巻頭特集
      2017新時代の幕開け
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      金沢全求 日本遊技機工業組合 理事長
    • Report
      「パチスロ ウィッチクラフトワークス」データ検証