ニュースバックナンバーへ

2015年度保通協手数料収入は約24億円2016年8月3日(水)

 型式試験機関の保通協(一般財団法人保安通信協会)の2015年度(2015年4月1日から2016年3月31日)の「遊技機の型式の検定」手数料収入が前年度の約16億9,500万円から約7億1,780万円(42.3%)増えて約24億1,280万円を計上していたことが保通協のホームページに公開されている。

 2015年度中の型式試験申請書受理件数はぱちんこ遊技機777件、回胴式遊技機730件、アレンジボール遊技機0件、じゃん球遊技機1件、計1,508件。

 型式試験結果書交付件数はぱちんこ遊技機737件、回胴式遊技機702件、アレンジボール遊技機0件、じゃん球遊技機1件、計1,440件と報告されている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月27日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年4月号
    • 巻頭特集
      増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
    • 特集
      迫られる依存問題対策
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員