ニュースバックナンバーへ

送迎用車両購入を全面支援~新潟県遊協2016年7月29日(金)

県内の2施設の代表者にゴールデンキーを贈る佐藤理事長(写真左)

 社会福祉法人新潟県共同募金会は、新潟県遊技業協同組合の全面支援を受け、県内の障がい者支援施設2施設に車いすリフト付き送迎用車両を寄贈。7月29日、新潟ユニゾンプラザで車両助成交付式を実施した。

 開式にあたり挨拶した共同募金会の小田敏三会長は、「今回のようなリフト付き車両は高額なため、施設自ら購入するのは難しい。そんな中、今年も新潟県遊技業協同組合様からは車両を2台購入できる多額の助成をいただいて感謝を申し上げます」と謝意を表明。

 続いて挨拶に立った新潟県遊協の佐藤孔一理事長は「我々組合員は、地域のみなさまに気軽に安心して楽しんでいただけるパチンコホールを目指して営業努力を続けている。本日はその収益の一部ではありますが、新潟県共同募金会様を通じて福祉車両を贈らせていただきました。このような社会貢献活動をできることに組合員一同喜びを感じている」と述べると、「今後も社会貢献の必要性や重要性、組合が果たす役割についてしっかり考え、引き続き地域社会の貢献活動に取組んでいきたい」と継続した活動を強調した。

 その後、2施設に対して助成目録と車両のゴールデンキーが贈呈されたほか、2施設からは小田会長と佐藤理事長に向けて御礼の言葉が述べられた。

 新潟県遊協は地域の高齢化が進む中、平成14年度から特養老人ホームやデイサービス等に対する送迎用車両購入補助金を新潟県共同募金会を通じて寄付。平成24年度からはより財政基盤が脆弱な障がい者施設に対する高額車両の整備助成に変更し、社会貢献を続けている。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月17日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長