ニュースバックナンバーへ

リユース機22型式、順送り態勢で入替支援2016年7月22日(金)

 検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ機の回収・撤去に伴うホール側の入替費用の軽減を目指すリユース機が7月20 日現在で22型式にのぼり、うち13型式が適合を受けていることがわかった。7月20日に開かれた全日遊連理事会後の定例記者会見で報告された。

 適合を受けた13型式を含めリユース機のラインナップはまだ発表されていない。会見で阿部理事長は、「発表を待って速やかに各組合に示したい」と報告した。リユース機には20万円以下の価格帯が提案されている。

 リユース機は従来、外された先のホールに戻す仕組みだったためリユース機として仕上がるまで時間を見なければならなかった。しかしリユース機との入替を促進する必要から、「外されたホールに戻す従来の方式を改め、今回は回収・撤去に動くホールから順送りで導入できる態勢でいく」(同)ことが報告された。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年11月23日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状