ニュースバックナンバーへ

業界総粗利の減少続く~DK-SIS2016年7月13日(水)

発刊記者会見に臨むダイコク電機・根本弘常務取締役(左)とDK-SIS室・山岸義幸室長(右)。

 ダイコク電機は7月13日、都内ホテルで「DK-SIS白書2015」の発刊記者発表会を開催した。

 発表会ではDK-SIS室・山岸義幸室長から全国ホールの業界総粗利が前年比1,800億円減の3兆3,200億円と推計されたことを報告、また、遊技機購入費用は前年比100億円減の1兆600億円とほぼ横這いで推移したものの、遊技機利益(業界総粗利から遊技機購入費用を差し引いたもの)は前年比1,700億円減の2兆2,600億円で、業界総粗利の減少分が、ほぼそのまま遊技機利益の減少分に推計されたことが説明された。

 DK-SISから推計した2015年の全国ホールの平均台アウトはパチンコ1万3,530個(前年比560個減)、パチスロ6,548枚(同194枚減)。台粗利はパチンコ2,090円(同130円減)、パチスロ2,380円(同80円減)。

 室長は、「2015年のパチンコ業績は2014年の業績と比べ全てにおいて1段階下がった」と指摘。「パチンコ全体のアウトが20,000個を切り、売上が20,000円を切り、粗利も3,000円を下回る結果になった」と報告。さらに業績低迷と設置シェア減少が続き、パチンコ総粗利が前年比1,600億円減少したと述べ、「パチンコにおいては非常に不名誉な年になった」と総括した。

 一方、パチスロ業績も年々減少傾向にあるが、パチンコに対する台数シェアは増えていると報告。今後のタイプ別シェアではAT・ARTタイプとノーマルタイプの差が広まると予測。「自主規制における遊技機の出玉性能の抑制によってAT・ART機は少しずつ新台導入していく台数は減っていくと考えられる。対して比較的安定しているノーマルタイプは多少シェアが伸びていくと考えられる」と述べた。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月31日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年4月号
    • 巻頭特集
      増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
    • 特集
      迫られる依存問題対策
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員