ニュースバックナンバーへ

サンエイが児童福祉施設へ家電製品を寄付2016年6月6日(月)

物品寄付贈呈式、記念撮影の様子。写真中央左がサンエイ・安田英哲代表取締役社長、同右が長野県児童福祉施設連盟・鎌原正行会長。

 長野県内で「ニュートーキョー」の屋号で7店舗を展開する株式会社サンエイ(安田英哲代表取締役社長)は6月4日、県内の児童福祉施設で物品寄付贈呈式を執り行った。

 同式は、同社が地域社会貢献活動「夢チャリティ」の一環として毎年行っており今年で9回目。県内22ヵ所の児童福祉施設へ、生活する子供たちの育成・教育の一助にしてもらうため、今までに寄付金や児童図書、ノートパソコンや通学用の自転車などを寄付している。夢チャリティは、ニュートーキョー7店舗での募玉・募メダルによる寄付活動。

 児童福祉施設では行政の指導によって将来的にグループホームへ移行し、少人数制でより家庭的な環境で過ごせるように準備を進めており、その環境整備のため、今年は各施設へ洗濯機、掃除機、電子レンジ、液晶テレビなどの家電製品121点を贈呈した。

 安田社長は「より家庭的な環境で生活されるようになるということで、今のうちから家電と触れ合ってもらい、将来の生活のために役立ててほしい」と挨拶。また、「夢チャリティへの賛同者も増えてきているので、今後も継続して支援していきたい」と述べた。

 この贈呈に対し長野県児童福祉施設連盟・鎌原正行会長が感謝状を贈呈。その後挨拶で「家電製品はその必要性を感じていながらも各施設の財政状況の厳しさで準備が進まなかった品々。この度のサンエイ様からのご奉仕に心より感謝申し上げます」と謝辞を述べた。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年4月23日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年5月号
    • 巻頭特集
      風雲急を告げる規則改正
    • 風営白書2017
      「平成28年における風俗環境の現状と 風俗関係事犯の取締り状況等について」より
    • 図説報告書
      パチンコ・パチスロ参加人口調査2017年版