ニュースバックナンバーへ

幕張のフリマに全長6mのジャンボパチンコ登場2016年5月10日(火)

今年で22回目となる同イベントには3日間で、のべ20万人を超える来場者が集まった。

 ピーアークが特別協賛する「ピーアークpresents幕張メッセ“どきどき”フリーマーケット2016」(主催/幕張メッセ“どきどき”フリーマーケット実行委員会)が5月4日~6日の3日間、千葉・幕張メッセ国際展示場で開催された。

 6万平方メートルの広大な会場には日替わりで1日平均1600店が出店するフリーマーケットを中心として、ご当地グルメが集まる「幕張うまいもん祭り」、豪華アーティストのライブ&トークが楽しめる「bay fm ステージイベント」、長さ150mの大綱を200人対200人が引き合う「平成28年熊本地震復興支援チャリティ大綱引き」など様々な企画が実施された。

 なかでも注目されたのは「ピーくんのWow!!PARK(ワオ!パーク)」と題されたピーアークのブース。毎年展示しているジャンボパチンコは過去最大の全長6mにパワーアップして登場。発射されたボールが盤面を駆け巡る様子に子供たちは歓声を上げた。また楽しみながらエコキャップがワクチンに変わるプロセスを学べるアトラクションや、コミュニティスペースで繋がった地域住民の協力で運営されるピーくんグッズが作れるワークショップ、ピーくんTシャツの販売等の各コーナーが設置された。ワークショップやTシャツの売上は熊本地震の義援金として寄附される。

 同社の広報担当者は、「世の中を楽しく、自分達も楽しく、お客様も楽しくという考えで、世の中の人ともっと触れ合い、ノンユーザーの方と接点を持とうという趣旨で毎年出展しています」とコメントした。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月24日(金)のイベント

  • AnimeJapan 2017(2日目)/東京ビッグサイト

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年4月号
  • 巻頭特集
    増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
  • 特集
    迫られる依存問題対策
  • ぱちんこ新時代への羅針盤
    牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員