ニュースバックナンバーへ

玉越が第34期創業祭、決算は増収増益を達成2016年4月14日(木)

決算報告をする高木宏動代表取締役社長。

 (株)玉越は4月7日、名古屋マリオットアソシア(愛知県名古屋市)において第34期玉越創業祭ならびに年度方針発表会を開催した。

 第一部の冒頭、高木一夫取締役会長は「今後は若い社員と若い感性の新社長が新しい戦略を考え、積極的に楽しい新規店舗の開発を進め、地域の皆様に30年、50年と愛されるサービスを提供し、若さと魅力溢れる野心的な会社へ成長することを期待したい」と挨拶した。

 続いて愛知県内の社会福祉協議会8団体、正眼短期大学、日本マグマ発電(株)の代表者を招き寄付金の贈呈式が行なわれた。

 さらに高木宏動代表取締役社長が登壇し、33期の営業成績について営業売上101.1%、経常利益113.2%と前期(32期)比でプラスになったことを報告、その理由について「チームワークを深め、地域のお客様の支持を獲得したこと、低貸玉営業を開始することで遊技台の稼働日数を延ばすことができ、同時に一丸となって全員が経費削減に取組んだことが功を奏した」と語った。

 また今期(34期)の社長方針について(1)玉越ファンの創造(顧客価値の最大化)(2)幹部社員の育成強化(3)会社全体における環境改善、以上の3点を挙げ、岐路に立った業界の中で「ピンチをチャンスと捉え何ができるかを積極的に考えることが大事」と締め括り、同社各部門の方針発表会に移った。

 午後の第二部では(株)熊谷組の大田弘相談役の記念講演と社員表彰等が行なわれた。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年2月20日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年2月号
    • 巻頭特集
      2017新時代の幕開け
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      金沢全求 日本遊技機工業組合 理事長
    • Report
      「パチスロ ウィッチクラフトワークス」データ検証