ニュースバックナンバーへ

新基準に該当しない回胴の比率、約54%まで減少2016年4月8日(金)

 3月31日時点で、全国のホール店舗に設置されているパチスロ総設置台数のうち、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率が53.97%まで減少していることがわかった。今年1月末時点では60.80%、2月末時点では56.07%だった。

 新基準に該当しないパチスロ機とはサブ基板制御のAT・ART機のことで、昨年11月末までに新台設置された機種を指す。

 全日遊連では、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率について、今年12月1日までに50%以下、2017年12月1日までに30%以下を数値目標に掲げている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年4月23日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年5月号
    • 巻頭特集
      風雲急を告げる規則改正
    • 風営白書2017
      「平成28年における風俗環境の現状と 風俗関係事犯の取締り状況等について」より
    • 図説報告書
      パチンコ・パチスロ参加人口調査2017年版