ニュースバックナンバーへ

新基準に該当しない回胴の比率、約54%まで減少2016年4月8日(金)

 3月31日時点で、全国のホール店舗に設置されているパチスロ総設置台数のうち、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率が53.97%まで減少していることがわかった。今年1月末時点では60.80%、2月末時点では56.07%だった。

 新基準に該当しないパチスロ機とはサブ基板制御のAT・ART機のことで、昨年11月末までに新台設置された機種を指す。

 全日遊連では、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率について、今年12月1日までに50%以下、2017年12月1日までに30%以下を数値目標に掲げている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月24日(金)のイベント

  • AnimeJapan 2017(2日目)/東京ビッグサイト

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年4月号
  • 巻頭特集
    増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
  • 特集
    迫られる依存問題対策
  • ぱちんこ新時代への羅針盤
    牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員