ニュースバックナンバーへ

首都圏60チームが参加「第5回ヒノマルカップ」2015年10月27日(火)

60チームが参加し、白熱した試合を繰り広げた。

 トリックスターズ・アレア(ヒノマルグループ/日野加代子代表)が特別協賛する2015首都圏対決ファイトボール「第5回ヒノマルカップ」が10月25日に墨田区総合体育館で開催された。

 NPO法人東京都ドッジボール協会が主管する大会の一つで、同社では2011年の創業40周年を機に、青少年の健全育成支援の一環として特別協賛を開始。今年で5回目を数える同大会には60チームが参加した。

 開会式で挨拶に立ったトリックスターズ・アレアの日野代表は、「ドッジボール競技は日本人にとって一番身近で、誰でも気軽に楽しめる競技スポーツ。2020年の東京オリンピックに向けてこの競技がもっと大きな広がりを見せることを願い、これからも精一杯応援していく」と述べた。

 競技にはハイレベルな「TOP of the TOPの部」、「チャレンジの部」、女子単独の「ガールズの部」、「ママさんの部」、男女混合の「ヒノマルの部」の5部門があり、それぞれ予選リーグと決勝トーナメントが行われ、アタック、キャッチの応酬やファインプレーに会場が沸くなど、白熱した240試合が繰り広げられた。

 ヒノマルグループはヒノマルの部に3チーム、ママさんの部に1チーム、チャレンジの部に1チームの計5チームが参加。中には内定を受けた6名も参加し、入社前に社員と一丸となって競技に参加し結束を深めた。

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月13日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」