【コラム】競合店に負けない6.5号機コーナーの作り方

投稿日:2022年10月14日 更新日:

失敗しない売り場プロモーション⑪(文=野島崇範/株式会社プラスアルファ専務取締役)

6.5号機の導入機種全てが良い数値を示していますか?

恐らく、全ての6.5号機が良い数値を示さず、「新鬼武者2」や「甲鉄城のカバネリ」や「犬夜叉」など特定機種に限られるのが現状ではないでしょうか? お金が潤沢にあるお店は1台あたり120万円~180万円の費用を投資してお客様の支持率の高い遊技機を取り揃えてお客様を呼び集めることが可能です。私がお手伝いしている店舗もまさにそのような戦い方をしています。

しかし、高額な遊技機に投資できないお店はどうすれば良いのでしょうか? 単純に現在設置されている6.5号機の遊技機を強化するだけで良いのでしょうか?

結論、全ての6.5号機の遊技機に集客ができない状況では、6.5号機告知を控えることが誇大広告にならないためには重要です。そして、6.5号機の新しい仕掛け方を行う必要があります。その前に、読者の方々に質問です。

広告で最も重要な要素は何でしょうか?

それは信用です。信用がなければ、広告で人間は動きません。信用があれば動きます。ただそれだけです。決して難しい話ではありません。

視点を変えますが、現在の若年層はテレビCMよりも、自分自身がフォローしているインフルエンサーの影響を強く受けて、購買行動を行います。これは若年層にとってはマスメディアの信用力より自分自身が好きなインフルエンサーの信用力の方が高いから起こる現象です。

データマーケティング支援のGlossom株式会社は消費者の購買行動におけるSNSやインフルエンサーの影響度合いやその内容を時系列に分析する「ソーシャルコマースに関する定点調査2021」を全国の10代から70代の男女10,000名に実施いたしました。その結果、購買行動において、商品の認知から購入に至るまでの消費者の行動にECサイトやSNSが大きく影響を及ぼしているという実態は明らかです(※グラフ参照)。

「ソーシャルコマースに関する定点調査2021」より

特に男性15-19歳と、女性15-19歳・20代・30代はインフルエンサーの影響を受けて、SNSを起点とする購買行動が一般的になっています。

6.5号機告知を絞る2つの手法
話を戻しますが、現在パチンコ店の広告がお客様の購買行動の促進に繋がりづらくなった理由は、無自覚な誇大広告が売り場の広告としてまん延したからです。継続率や大当り出玉を大々的に表記した広告がお店の信用を侵食していくのです。

6.5号機のプロモーションも同様で、お客様が遊技しておらず高設定を入れていない6.5号機コーナーをどれだけ強化しても誇大広告となるだけで、お客様の信用を獲得することはできません。6.5号機の遊技機の揃い始めの段階では6.5号機を遊技したいというお客様の人数と台数の供給量が合わずに需要が溢れていたのが、この数ヶ月でお客様は6.5号機の中でも優劣があることを学び、6.5号機だから集客できるという構図は存在しなくなりました。

つまり、1ヵ月前は6.5号機プロモーションを最大限強化しましたが、現在は6.5号機プロモーションの仕掛け方を絞る必要があります。

現在の状況では6.5号機告知を絞る手法は2つあります。

①集客力のある遊技機に絞る
②営業日に応じて絞る

①はイメージができると思います。②をもっと具体的に伝えると土日×6.5号機プロモーションを実施するということです。直近導入した6.5号機の遊技機であれば、週末はお客様がある程度遊技するため、週末であれば6.5号機のプロモーションは誇大広告とならない可能性があります。※自店の営業数値を見て判断してください。競合店が6.5号機プロモーションを大々的に行い集客が芳しくない状況で、読者のお店は競合店に負けずに、まずは週末から6.5号機を育成することをお勧めします。

デザイン定期便という弊社のサービスでは土日用の6.5号機プロモーションを音声プロモーションと合わせて企画しています。ご参考にしてください。※デザインは商圏内の広告宣伝規制に基づいて運用してください。

ポスター例

土曜日×6.5号機

日曜日×6.5号機

【お知らせ】
デザインの教科書デザイン定期便はこちら
https://www.uriba-design.com/

売り場づくりに役立つ最新情報がもらえるLINE@
「売り場プロモーション研究所」の登録はこちらから
https://lin.ee/tUZwGaM

◆プロフィール
・野島崇範(のじま たかのり)
1983年三重県生まれ。北海道教育大学卒。全国のホールを年間1,000店舗以上調査し、その中から繁盛店に共通する法則を見つけ出し「伝達力」と定義。「伝達力」調査の分析に基づき、お客様立場の徹底と継続の重要性を、支援先ホールの全スタッフと共有する。また、売り場ランチェスター戦略の第一人者として、科学的に売り場の支援を実施。売り場の書籍「あなたの売り場、太っていませんか?」を発売。

-コラム
-, ,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5