【コラム】広告の視点で次世代機スマートパチスロの仕掛け方を考える

投稿日:2022年9月15日 更新日:

失敗しない売り場プロモーション⑩(文=野島崇範/株式会社プラスアルファ専務取締役)

分からないから戦略的に何もしない選択をする
ここ最近、経営者や店長を含む経営幹部の方々から、スマートパチスロ(以下スマスロ)についての見解を求められます。自信を持って伝えたいのは、私は遊技機の専門家ではないため分からないということです。そして、スマスロ導入前後の売り場の作り方を聞かれても分からないということです。

私の仕事は現状の情報から仮説を立てて未来の売り場を指し示すことだと言われることがあります。しかし、私は予知者ではないです。特に遊技機に関して、導入してお客様が遊技を行うまではほとんど分からないと考えています。

逆説的な話をすると分からない状態を大切にしています。分からないことを恣意的に分かる状態にすることはできますが、恣意的に分かる状態だけでは戦略および戦術を立てることができません。『新世紀エヴァンゲリオン〜未来への咆哮〜』や『パチスロ犬夜叉(6.5号機)』の現状の力強い集客力を誰が読めたでしょうか? 私が知る限り、過去の遊技機も正確に読み切った方を知りません。

つまり、今回の結論はスマスロを広告の視点で話すと、分からないから戦略的に何もしない選択をするということです。

売り場は常にお客様立場で作られるべき
6.5号機導入直前にも同様のことが起こりました。事前に6.5号機プロモーションを強化した方が良いのでしょうか? という質問を多数頂きました。その時も何もしないという判断を伝えました。

しかし、6.5号機の数値が良いと分かった瞬間に、広告量を爆発的に増やすことを伝えました。ここ最近のスロットの6.5号機の新台導入では、6.5号機であることを最も強調することを伝えています。

導入台数が少なくても、お客様の需要があるのであれば6.5号機を大々的に伝達すべきです。矛盾していることを言っていると指摘されることがあります。しかし、私はいつも同じ姿勢です。

なぜなら、売り場は常にお客様立場で作られるべきだからです。

お客様にご支持頂けないのに、広告量が増えることは誇大広告以外の何ものでもありません。現状の営業では、見切り発車はお客様の信用を失う流れを生み出します。だからこそ、スマスロのプロモーションも前月の新台プロモーションのコラムでも同じ考え方で売り場を作る必要があります。

少し先に起こり得る確かな問題に向き合った売り場を
しかし、補足説明したいのは、未来を示唆した売り場を作ることが悪いという話ではありません。分からない不確定要素の多すぎる未来の売り場を作ることがお客様立場で問題であるという話です。

例えば、少し先の未来を見越してユニバーサルデザインを踏まえた売り場作りに舵を切ることには大賛成です。パチンコの高齢化の波と共に、現在の色合いやフォントサイズでは、ご年輩のお客様は情報を得ることが難しくなります。

これは、未来に起こり得る確かなことです。その理由は、日本の人口分布から紐解けます。2022年8月22日発表の総務省統計局のデータでは、65歳以上は3,626万人、75歳以上は1,925万人、85歳以上は658万人という数値です。

つまり、現在の日本の平均寿命を踏まえて考えると、10年後には75歳以上は最大3,626万人増える可能性があります(※グラフ参照)。白内障発症率は70代で80~90%だと言われています。軽度または重度の際はあるものの、広告が見えづらくなるのは間違いない事実です。だからこそ、その状況を改善するために、ユニバーサルデザインというすべての人のためのデザイン、みんなにやさしいデザインを考えることは大切です。

(出典)国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)

話を戻しますが、まだ導入されていないスマスロの売り場作りを考えるよりも、現状の問題や少し先に起こり得る確かな問題に向き合った売り場を作ることを、まずは考えませんか?

【お知らせ】
デザインの教科書デザイン定期便はこちら
https://www.uriba-design.com/

売り場づくりに役立つ最新情報がもらえるLINE@
「売り場プロモーション研究所」の登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/%40kxi3668x

◆プロフィール
・野島崇範(のじま たかのり)
1983年三重県生まれ。北海道教育大学卒。全国のホールを年間1,000店舗以上調査し、その中から繁盛店に共通する法則を見つけ出し「伝達力」と定義。「伝達力」調査の分析に基づき、お客様立場の徹底と継続の重要性を、支援先ホールの全スタッフと共有する。また、売り場ランチェスター戦略の第一人者として、科学的に売り場の支援を実施。売り場の書籍「あなたの売り場、太っていませんか?」を発売。

-コラム
-, ,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5