大工の源さんシリーズ待望の最新作!「確変2回ループ」の出玉性能が向上

投稿日:

©SANYO BUSSAN CO.,LTD.

三洋物産および三洋販売は7月1日、パチンコ新台『PA元祖大工の源さん2』を発表。ホールへの導入開始は9月5日を予定している。

同機は高実績を残し、現在も多くのホールで現役稼働中の「元祖大工の源さん」シリーズ最新作。前作ファンからの要望をもとに、スペックや演出面が進化を遂げ、より盤石の遊技性を実現している。

シリーズ最大の特徴となる「確変2回ループ」は、ベースとなるスペックをほぼそのままに、出玉の満足感を徹底強化。メインとなる4R大当たりの出玉を前作比110%となる440個とした上で、新たにプレミアム的存在となる「寿図柄」での大当たりを搭載。同大当たり時は、平均約2,400個の出玉+Vストック×2個を獲得でき、平均期待出玉は甘デジスペックにして、約4,630個にも上る。

ゲームフローは初当たり時、確変図柄を引くと、確変モード「V×2ループ」に突入。同モードは通常大当たりを2回連続で引くまで終わらないため、確変モードのロング継続に期待が持てる。また初当たり時に通常図柄だった場合や、確変中に2回連続で通常大当たりを引いた場合は、25回の時短モード「チャンスタイム」に移行。大当たりの引き戻し期待値は約24%となっている。

演出面では、シンプルな「初代モード」、王道の「大工モード」、にぎやかな「寿司モード」に加え、新たな液晶モード「漁師モード」を追加。同モードは、源さんが新規キャラクター“いかりちゃん”とともに、マグロを釣りに海へ旅立つという設定で、マグロとのバトルリーチなど様々なアクションが楽しめる。

同機はまた、シリーズでは初となるカスタム機能を搭載。予告やリーチなど8種類×4モードで演出バランスをカスタマイズできる。

主なスペックは以下の通り。
▶大当たり確率 約1/89.8(高確率時約1/39.9)
▶確変割合 1/3
▶確変突入時平均大当たり回数 約5.6回
▶時短回数 25回or10000回
▶大当たり出玉 1,100個or 440個
[大当たり振り分け]
・通常時
1,100個+Vストック×2個+小当りRUSH:約2%、440個+Vストック×2個:約31%、440個+時短25回:約67%
・確変時
1,100個+Vストック×2個+小当りRUSH:約2%、440個+Vストック×2個:約31%、440個+Vストック×1個:約67%

-新台
-,