カプコン×ユニバ業務提携第3弾は6.5号機『パチスロ 新鬼武者2』

投稿日:

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 

ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、カプコンとの業務提携第3弾となる新台『パチスロ 新鬼武者2』(エンターライズ製)を発表。パチンコ店への導入開始は8月を予定している。

5号機AT機を代表する機種のひとつである「新鬼武者」が、ユニバーサル初の6.5号機として登場。「蒼鬼」「お初」「阿倫」「みの吉」といったキャラクターはもちろん、「百鬼モード」をはじめとした懐かしい演出を多く継承した上で、新規要素を盛り込んだ。

ゲーム性は、疑似ボーナスによるA+ATタイプ。純増2枚のAT「蒼剣RUSH」と、純増4枚のボーナス、それぞれに継続性(ATは最大89%、ボーナスは最大80%継続)を持たせたWループシステムの搭載が特徴のひとつで、シリーズ機に引けを取らない進化した出玉感にも注目だ。同機はまた、6.5号機仕様となっており、状況によっては一撃2,400枚以上のメダル獲得も可能となっている。

通常時は新搭載「バッサリZONE」を経由して初当たりを目指す。「バッサリZONE」はレア役で突入を抽選。突入確率は約1/123で、突入時の成功期待度(=AT)は33%オーバーとなっている。「バッサリZONE」消化後はAT当選をかけた演出が発生。演出成功でATとなる上、失敗時も一部で「百鬼モード」や「千鬼モード」へ移行し、その後にAT当選を告知というパターンも存在する。

主なスペックは以下の通り。
▶AT初当たり確率 1/405.2~1/262.2(設定1~6)
▶蒼剣RUSH中の純増枚数 2.0枚
▶ボーナス中の純増枚数 4.0枚
▶50枚ベース 約37G(設定1)

-パチンコ・パチスロ新台
-, ,