京都府遊協青年部が総会、感染対策講じ社会貢献活動など順次再開へ

投稿日:

京都府遊協青年部会は4月27日、京都市上京区の京都ブライトンホテルで第47回目となる定期総会を開催し、この2年コロナ禍によって縮小を余儀なくされていた様々な活動を、感染対策を講じながら順次再開させていく事業計画を可決、承認した。

採決された事業計画では、研修会、青年部OBおよび全国青年部会との交流、府警担当官との意見交換会といった部員研鑽に関する行事をはじめ、献血活動やチャリティーゴルフの開催など、社会貢献活動の積極的な実施も盛り込まれた。

冒頭に挨拶した新井若尊副部会長は、各店舗における新型コロナ対策に感謝の意を表し、「コロナ禍により、令和3年度は最小限度の活動にとどまった。令和4年度も引き続き、新型コロナ対策を徹底していきながら、業界を取り巻く様々な問題を創意工夫で乗り越え、青年部会の存在感を示す経験と実績を積み、今後の自信に繋げていきたい」と述べ、協力を呼びかけた。

また、来賓として臨席した京都府警本部生活安全部生活安全企画課許可等事務審査室の松村和紀室長補佐は、撤去された旧規則機の適正廃棄をあらためて要請。さらに、依存防止対策の推進による安心安全な環境作りや、適法営業の徹底を求めるなどした。

-業界ニュース
-

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5