パチンコ・パチスロ業界ニュースサイト

グリーンべると

日遊協広報担当者フォーラムで、篠原教授が「快感商売の基礎」をテーマに講演

投稿日:

篠原教授

日遊協の広報調査委員会は3月11日、会員企業の広報担当者および広告宣伝・PR担当、人事部門に従事する人を対象にした「第6回広報担当者フォーラム」をウェブ会議システムを利用して実施した。フォーラムでは、公立諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授による「快感商売の基礎」をテーマとした講演が行われた。

篠原教授は、脳科学の視点から、好意をもって選ばれる「選好度」をレクチャー。視線解析と脳活動の関係から、動画や画像では、人や文字、さらにはロゴに視線が集まることや、同じパチンコ機のCMを視聴しても、ライトユーザー、ミドルユーザー、ヘビーユーザーの順で脳の活性化がみられるとした。

別の実験では、視線が止まる時間を0.3秒と0.9秒というわずかな時間差をつけることでも、長く見た対象を好きになるという結果が出ており、「選好度を強化、減衰するもの」「ぱちんこがらみで共起する快感」につながるという実験結果を踏まえて説明が行われた。

また篠原教授は、選好は依存させることとは異なり、会員カードのデータを用いた実験で、依存リスクを高めないという結果があることから、「胸を張って広告すればいい」と呼びかけるなどした。

-業界ニュース
-,