【1/31新台】押忍!番長ZERO、新出玉システム「漢気ループ“零式”」搭載!

投稿日:

©DAITO GIKEN,INC.

パチスロ新台『押忍!番長ZERO』(パオン・ディーピー製)のホール導入が、1月31日から始まった。シリーズ最新作の同機は、「轟 金剛」の祖父に当たる「轟 鋼鉄(ごうてつ)」が主人公。懐かしく温かい激動の「昭和」を舞台に、日本の将来を見据えて漢を磨き続ける鋼鉄と、見覚えのある仲間やライバル達が、縦横無尽に駆けまわる。

見どころは、新たな出玉ループシステム「漢気ループ“零式”」。メインATの「頂ROAD」ともう1つの頂である「頂CHARGE」のループで出玉を増やすゲーム性だ。これらとお馴染みの「番長ボーナス」が絡み合うことで、今までにない新たなループシステムを実現した。さらに「絶頂」や「超番長ボーナス」も搭載している。

ほか、注目点となるのが「押忍!番長ZERO専用筐体」の採用だ。可動式ロゴ役物「頂ロゴランプ」や、番長2のアクションレンズを再現した「サイドランプ」に加え、筐体右の側面に振動感知デバイス「バシコン」を搭載した。その名の通り、ユーザーに“叩く”ことを求める同デバイス。砂嵐など映像が乱れる演出の発生時に、昭和のテレビさながら筐体を“叩く”ことで乱れを直すことができれば演出クリアとなるなど、ユニークな演出を数多く盛り込んだ。同演出はまた、いかなる場面でも発生=大チャンスとなっている。

主なスペックは以下の通り。
▶初当たり確率 1/246.0~1/179.5(設定1~6)
▶出玉率 97.6%~113.0%(設定1~6)
▶AT純増枚数 約2.7枚/G
▶50枚ベース 約35G/G
▶天井 600G+前兆

-GB, パチンコ・パチスロ新台
-,