マースグループHD、2年連続で「東京都スポーツ推進企業」に認定

投稿日:

マースグループホールディングス(松波明宏代表取締役社長)は12月22日、東京都スポーツ推進企業認定制度における令和3年度の「東京都スポーツ推進企業」に2年連続で認定されたことを発表した。

同社グループでは、社員の健康保持を増進し、働きやすい職場環境を整えることが企業経営の重要課題の1つであると考え、2017年から健康経営に取り組んでいる。

具体的な活動として、20数年前から毎朝続けている「ラジオ体操」や、年1回開催の「ソフトボール大会」、歩数計アプリを活用した「ウォーキングイベント」の開催、階段の利用を推奨する「階段WALK運動」等、スポーツを通して社員の健康増進に向けた取り組みを実施。また、健康を維持している社員には年2回の健康奨励金を支給し健康増進をサポートしている。

これらの取り組みが評価され、2年連続で「東京都スポーツ推進企業」に認定された。

同社グループでは「健康経営を積極的に推進し、社員のワークライフバランスを実現するとともに、より一層社会から信頼され愛されるよう、企業価値の向上に努めてまいります」としている。

なお「東京都スポーツ推進企業認定制度」は東京都が2015年度から従業員のスポーツ活動の促進に向けて、優れた取り組みやスポーツ分野における支援を実施している企業等を認定する制度で、令和3年度は333社が認定されている。

「東京都スポーツ推進企業」認定マーク

-業界ニュース
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5