パチンコひぐらし最新作、トータル継続率約90%の上位モードも搭載

投稿日:

大一商会はこのほど、人気コンテンツを題材にしたパチンコ機の新台『Pひぐらしのなく頃に~彩~』をリリースした。ホール納品予定は2022年2月6日からとなっている。

初当たり後は主に、時短5回の前半パート、時短8回の後半パート、さらに時短1回のラストチャンスまでの間に大当たりを引き当てることで、9Rまたは3Rの出玉を獲得できる流れ。振り分けは、実質次回大当たりが確定する9R大当たり+時短254回が10%、9ラウンド+時短14回が42%、残りが3R+時短14回となっており、ここでのループ率は約77%だ。

【関連】サミー、パチンコ北斗8に継続率最大94%の甘デジバージョンを追加

さらに、約81%継続+時短6回により、トータル約90%(継続率約81%+引き戻し約46%)の継続率が発揮される上位モード「解明しモード」も搭載。またモード中は、今年3月まで放送されていた「ひぐらしのなく頃に業」のアニメも盛り込まれている。

主なスペックは以下の通り。
▶大当たり確率:1/319.7(特図1)、1/10.17(特図2)
▶突入率:100%
▶平均継続率:約82%
▶大当たり出玉(払出):450個 or 750個 or 1350個

-新台
-,

© 2023 グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア) Powered by AFFINGER5