普通機専門のパチンコメーカー「愛喜」が廃業

投稿日:

パチンコメーカーの愛喜が9月29日、Facebookの自社公式アカウント上で廃業を報告した。

9月27日付けの投稿で「愛喜を愛してくださった皆様にご報告です。令和3年9月29日を持ちまして愛喜の営業は終了します。7年の間応援してくださり、心から感謝します」と報告。

【関連】高知のパチンコ店経営企業・ホームランが倒産、負債は約55億

このほか「今年年明けから岐阜県に工場移転の予定で動いていましたが、何だか良くわからない内会社清算と言う運びになりました。多分愛喜の筐体で新機種が出るかも知れません。その時には応援してあげて下さい。」(9月27日付け)、「29日で全ての業務が終了しました。後始末だけきちんと終えて新しく出発します。皆さんもお健やかにお過ごし下さい。有難う御座います」(9月29日付け)などと投稿している。

同社は2014年2月に設立。代表は小林慶子氏で、本社および工場は埼玉県春日部市。これまで『CRAコスモアタック7』『CRAコスモパニック10』シリーズなどをリリースし、普通機専門のパチンコメーカーとして知られていた。

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると