NEXUSグループ前期決算、売上高2,475億円に

投稿日:

NEXUSホールディングスはこのほど、子会社2社の前期決算を発表した。

NEXUSの2021年6月決算における売上高は2,111億円(前年対比102.2%)、営業利益は42億円(同159.0%)で、増収増益となった。一方、パラダイスの2021年3月決算における売上高は364億円(前年対比60.0%)、営業利益は22億円(同92.0%)。グループ合算では売上高2,475億円(前年対比92.6%)、営業利益64億円(同125.5%)となっている。

期中の新規出店は2020年12月の《D'STATION上田店》(長野県)と2021年4月の《D'STATION錦糸町店》(東京都)の2店舗となり、昨年同様、新型コロナウイルス感染症蔓延の影響を受けた決算内容となっている。

なお同社グループでは今年2月1日、パラダイスの遊技場運営関連事業をNEXUSへ分割。グループ内の同事業はNEXUSが担うことになった。これに伴い今年4月26日、パラダイスは解散した。

次年度のグループ業績予測は売上高2,700億円、営業利益60億円を見込む。引き続き新型コロナウイルス感染予防対策に取組む一方、集客活動に注力することで業績の回復、拡大を図り、数店舗の新規出店を目指す方針だ。

-業界ニュース
-,

© 2021 グリーンべると