石川県遊協と金沢支部に社会貢献大賞、コロナ下の医療機関へ医療用防護服を寄贈

投稿日:

社会貢献大賞を受賞した石川県遊協の浅野哲洋理事長(左から2人目)、同県遊協金沢支部の山口秀一支部長(右端)と、パチンコ・パチスロ社会貢献機構の宮田亮平代表理事(右から2人目)。

一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構は7月2日、都内ホテルで第16回社会貢献大賞表彰式と2021年度助成金贈呈式を開催した。社会貢献大賞は、石川県遊技業協同組合ならびに同県金沢支部の「医療用防護服およびオゾン紫外線除菌機器の寄贈」事業が受賞し、助成金贈呈式では31件の事業に対し総額5,470万円を助成した。

社会貢献大賞を受賞した石川県遊協(浅野哲洋理事長)ならびに金沢支部(山口秀一支部長)の「医療用防護服およびオゾン紫外線除菌機器の寄贈」事業は、県内の繊維メーカー・新日本テックスと連携し、自転車カバーの素材から医療従事者の意見を取り入れながら防護服を作成、県組合から4,000着を県内医療機関へ寄贈。また、金沢支部がこの活動に賛同し、支部予算で防護服1,000着とオゾン紫外線除菌機器を寄贈した。県遊協と支部の合同の大賞受賞は初めて。

その他、都府県方面部門の最優秀賞には福岡県遊協の「第13回こども絵画コンクール」事業、支部組合部門の最優秀賞には長崎県・島原半島遊技場組合の「安全・安心まちづくり」事業、組合員ホール部門の最優秀賞には香川県の愛染興業株式会社の「子供達による瀬戸内海の環境維持改善活動の継続」事業が選ばれた。

助成金贈呈式では、共同助成13件、一般助成16件、特別助成1件、特命助成1件の計31件に総額5,470万円を助成した。特別助成では、昨今の社会情勢により困難を抱えている学生への支援に取り組む社会福祉法人さぽうと21の「pp奨学金への支援」事業に300万円を、特命助成では、ぱちんこ依存問題に関する相談および回復支援事業を行う認定特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワークに500万円を助成した。

-業界ニュース, 社会貢献
-,

© 2021 グリーンべると