セントラル(岡山)がワタナベプリント(愛媛)のパチンコ5店舗をM&A

投稿日:2021年7月1日 更新日:

セントラルグループの遊技事業部門である㈱セントラルは7月1日、愛媛県で《JJ(自由時間)》など5店舗のパチンコ店を運営する㈱ワタナベプリントの遊技事業を、M&A(吸収分割)にて承継することを発表した。

セントラルグループは、中四国で21店舗(高知県に16店舗、岡山県に2店舗、愛媛県に3店舗)の遊技事業、外食事業、アミューズメント事業、スポーツ関連事業等を展開。M&Aによる事業拡大は、同社にとって初の取組みとなるが、同社では「これまでワタナベプリント様が培ってこられた、かけがえのない歴史ある事業を大切に承継させて頂きたい」としている。

同社が愛媛県で1号店となる《ディーボ宇和店》を出店して約11年。今後も店舗が所在する高知、岡山、愛媛3県を中心に、地域社会貢献活動に積極的に取組む方針とした。

-業界ニュース
-,

© 2021 グリーンべると