カジノ規則案、施設内のATM設置禁止などを明記

投稿日:

政府のカジノ管理委員会は4月2日、カジノを営業するための施行規則案を公表した。

規則案では、カジノゲームの種類にバカラ、ポーカー、ルーレット、トゥエンティワン(ブラックジャック等)、シックボー、クラップス、カジノウォー、マネーホイール、パイゴウのテーブルゲーム9種類と、スロットマシンなどの電子ゲーム機によるゲーム3種類を提示した。

ギャンブル依存症対策として、入場者にマイナンバーカードの提示を義務付けて、入場回数を厳格に管理するよう定めている。

カジノ施設内へのATM(現金自動預払機)の設置は禁止する。

パブリックコメント(意見公募)を経て、7月までに正式決定する。

    -業界ニュース, 注目トピック
    -

    © 2021 グリーンべると