NEXUSの敷根崇裕選手が、東京五輪フェンシングの日本代表に

投稿日:

敷根崇裕選手

D'STATIONなどの屋号でチェーン展開しているNEXUSはこのほど、同社フェンシングクラブに所属している敷根崇裕選手が東京オリンピックのフェンシング日本代表に決定したことを発表した。同社フェンシングクラブ所属選手のオリンピック出場は4大会連続となる。

敷根選手は、3月28日にカタール(ドーハ)で開催されたフェンシング男子フルーレグランプリ大会で準優勝。それにより、国際連盟が同日更新した五輪個人ランキングの条件を満たしたことで、初の日本代表に選出された。

同社では2009年4月、企業スポーツの相次ぐ廃部・縮小による選手の窮状に企業として貢献するため、スポーツ選手を社員として雇用し、「NEXUSフェンシングチーム」を創部。近年では、2012年ロンドンオリンピックに出場した同社所属の淡路卓選手と千田健太選手(当時)が、日本フェンシング界初となるフルーレ男子団体で銀メダルを獲得している。

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると