ダイコク電機が「名古屋市ワーク・ライフ・バランス推進企業」認証を取得

投稿日:2020年12月17日 更新日:

ダイコク電機(大上誠一郎代表取締役社長)はこのほど「名古屋市ワーク・ライフ・バランス推進企業」の認証を取得し、12月15日、同市から認証書を授与された。

名古屋市ワーク・ライフ・バランス推進企業認証制度とは、同市内に事業所のあるワーク・ライフ・バランスの取組みをしている企業などについて、一定の基準を満たす企業などを「名古屋市ワーク・ライフ・バランス推進企業」として認証するもの。

ダイコク電機ではワーク・ライフ・バランスを推進するため、時間に制約のある従業員への配慮や各種制度を利用しやすい職場環境の整備、男女ともに働きやすい職場づくりとして、以下の取組みを行っている。

・マイライフ勤務(結婚・育児・介護による時短勤務)制度
・テレワークや残業削減推進
・スライド勤務制度
・半日有給休暇/時間単位の有給休暇制度
・誕生日休暇/結婚記念日休暇制度
・通信教育補助制度
・24時間健康相談ができる健康サポート窓口設置
・自社保養所/リゾート施設やゴルフ場の法人契約

同社では「引き続き従業員に対して、子育て支援や有給休暇の取得促進、長時間労働の抑制など、ワーク・ライフ・バランスの取り組みを推進し、従業員が仕事上の責任を果たすとともに、生活と仕事を両立しながら、多様な生き方を選択・実現できる職場の実現を目指す」としている。

名古屋市の河村市長(左)とダイコク電機の栢森雅勝代表取締役会長。

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると