セントラルグループの食品ロス削減ショップが1周年記念セール

投稿日:

中国、四国地方でパチンコホールを展開するセントラルグループが昨年10月1日に高知市にオープンした食品ロス削減ショップ「ecoeat(エコイート)高知御座店」は、オープン1周年を迎えたとして、11月20日から1周年記念セールを開催している。期間は11月30日まで。

セントラルグループでは、食品ロス削減推進法の施行(2019年10月1日)に伴い、世界的共通課題である「食品ロス」に取り組む事業として同店をオープンした。ちなみに、「ecoeat」はNPO法人日本もったいない食品センターが提案する食品ロス削減ショップで、高知県ではecoeat高知御座店が1号店となる。

同店は、日本もったいない食品センターの高津博司代表理事の教育指導に基づき、食べられる状態なのに、食品メーカーや卸・小売店などから規格外食品や販売期限・賞味期限の理由によって廃棄される食品を仕入れ、お値打ち価格で販売するだけでなく、子ども食堂や児童養護施設への食材提供、食品ロス削減に取り組む団体への寄付活動を行っている。

同社では1周年記念セールについて、「まだまだ食べることができる食品をお値打ち価格でお買い物していただくと同時に、高知県民の皆様が、身近で気軽に食品ロス削減活動に参加していただく機会につながればと企画した」と説明。「今後も『地域社会との共生(パートナーシップ)』の理念のもと、こうした社会問題に取り組み、地域社会に貢献していきたい」としている。

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると