マルハン、「令和2年7月豪雨」被災地域に寄付2,500万円

投稿日:

マルハンでは、「令和2年7月豪雨」で被害の大きかった3県4市町を今年10月7日から20日にかけて訪問し、災害義援金として合計2,503万5,440円を寄付した。

義援金の寄付に先立ち同社では、今年7月16日から8月31日にかけて募玉(募メダル)による支援活動を実施。同活動は、マルハン来店客が、玉およびメダルを賞品に交換する際に「交換の権利を放棄した玉・メダル分」を、同社から自治体または災害支援活動を行う団体などに寄付し、被災者への支援に役立てるというもの。

今回の寄付に当たっては、地域の人との関係性向上に向け、同社が良き企業市民として社会への責務を果たしたいという想いのもと、最寄りの店舗従業員が寄贈先を訪問。被害状況や復興に向けた今後の取り組みについて話を聞く一方、同社が今後も被災地域の復旧・復興に向けた取り組みを積極的に行うことを伝えた。

寄付先、訪問した店舗、金額は以下の通り。
・熊本県荒尾市 マルハン荒尾店 1,000万円
・福岡県大牟田市 マルハン大牟田銀水店 1,000万円
・大分県由布市 マルハン大分古国府店 300万円
・大分県九重町 マルハン高城店 203万5,440円

左から九重町の日野康志町長、マルハン高城店従業員

-社会貢献
-

© 2020 グリーンべると