善都が“ビートたけし”氏起用の新広告を展開

更新日:

善都は、“ビートたけし”氏を起用した新しい広告の展開を10月10日から開始した。

新しい広告のキャッチコピーは「遊びたいは、片想い。遊ぶは、両想い。」で、出稿媒体は中日新聞三河版、中部経済新聞、岐阜新聞の15段広告および名古屋高速「上社JCT」/「明道町」、豊田市元城町「神谷ハイツ」。新キャッチコピーの趣旨は以下の通り。

◆新キャッチコピー趣旨(※同社リリース引用)
以前は、「遊びたい」と思えば「遊ぶ」ことが、たやすく叶っていました。しかし、それが、コロナ禍で一変し、「遊びたい」と思う方も、遊ぶ場所がないために遊べない。

「遊びたい」と願うだけの、片想いの状態です。場所があって、はじめて「遊ぶ」ことができる。両想いになれることをコロナ禍で実感されたのではないでしょうか。

また、一方で、私たちZENTが開店して、「遊んでいただける」ように整えてお客様をお待ちしていても、今まで通りご来店いただけないという時期もありました。

これも片想いの状態です。お客様にご来店いただき、遊んでいただいて、はじめて両想いになることを、身をもって感じるきっかけとなりました。

コロナ禍での気づきを前向きにとらえて、お客様とZENTが以前よりもさらに良いかたちの両想いの関係を築いていきたい。そんな想いが込められたキャッチコピーとなります。

-業界ニュース
-

© 2020 グリーンべると