【8/17導入】パチスロ『ハイパーブラックジャック』/人気シリーズを“えなこ”で実写化!

投稿日:2020年8月16日 更新日:

©NET CORPORATION

パチスロ新台『ハイパーブラックジャック』のホール導入が8月17日から始まる。人気コスプレイヤー・えなこさんを起用した本機は、スーパーブラックジャックの世界観を完全実写化。カジノシーンやブラックジャック対決、同シリーズの代名詞であるストックタイムに至るまで、えなこさん満載の演出が楽しめる。

ゲーム性は純増約6.1枚/Gの擬似ボーナスを搭載し、ボーナスのストックと放出のループにより出玉を獲得していく。ボーナスは「HYPER BIG BONUS(30G)」「BIG BONUS(21G)」「REG BONUS(8G)」の3種類で、それぞれ獲得できる枚数のほか、ボーナスのストックと放出を行う「ストックタイム」に当選する期待度が異なる。

「ストックタイム」は、ボーナスのストック獲得でストックタイムを再セットするST要素を取り入れるなど、従来シリーズから進化。突入時の獲得期待枚数は約750枚で、ループ率は約86%となっている。また、毎Gボーナスストック抽選を行う上位版「ストックタイムハイパー」も搭載。こちらは獲得期待枚数1,200枚overで、最大の出玉トリガーとなっている。

3種類あるボーナスのうち、「HYPER BIG BONUS」は平均184枚のメダルが獲得でき、消化後はストックタイムの上位版「ストックタイムハイパー(STH)」当選が濃厚となる。

「BIG BONUS」は平均146枚獲得でき、初当たり時はストックタイム当選を賭けた2択チャレンジ「ルーレットチャンス」が3回発生する。成功した回数でストックタイム当選の期待度が異なり、1回の成功で約27%、2回の成功で約44%、3回の成功でストックタイムが確定する。

「REG BONUS」は平均獲得枚数49枚で、ストックタイム抽選と設定示唆を行う。

通常時は、規定ポイントや規定ゲーム数、小役連システムなどでボーナス当選を目指す。ポイントは小役で貯め、規定値に到達するとJOKERルーレットに発展。その後のBJ(ブラックジャック)対決などの演出クリアによりボーナス確定だ。

規定ゲーム数(天井)は下2桁が7のゲーム数(77、177、277、377・・・777ゲーム)がチャンス。4つのモードが規定ゲーム数を管理しており、最大777ゲームで天井に到達(ボーナス確定)する。また小役連システムは、小役が連続するほどボーナス当選に近づき、小役6連でボーナス確定だ。

主なスペックは以下の通り。

▶初当たり確率
1/361(設定1)~1/175(設定6)
▶BB確率
1/291(設定1)~1/270(設定6)
▶RB確率
1/306(設定1)~1/184(設定6)
▶ボーナス合算確率
1/145(設定1)~1/108(設定6)
▶ST当選確率
1/834(設定1)~1/308(設定6)
▶出玉率
97.9%(設定1)~110.1%(設定6)

 

 

-新台
-,

© 2021 グリーンべると