新型コロナでパチンコホールの倒産2例目、群馬・有楽商事が負債31億円超で破産

投稿日:

群馬県内で4店舗のパチンコホールを運営していた㈲有楽商事(群馬県沼田市、菊地万石代表)は4月30日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債は2018年12月期末時点で約31億4,800万円(うち金融債務約29億円)だが今後変動する可能性があるという。複数の信用調査機関が伝えた。

同社は1964年創業、1986年1月に法人化。群馬県内でパチンコホール《有楽DELZACC》《有楽スロット館》《有楽JARAZACC》《有楽TAMAZACC》を展開し、2004年12月期は売上高約97億5,000万円を計上していた。

しかし、少子高齢化や規則改正、他ホールとの競合激化などにより業績が悪化し、2018年12月期の売上高は約48億8,200万円まで落ち込んでいた。赤字の慢性化によって金融債務の負担も増すなか、新型コロナウイルスの影響で4月14日から全店を臨時休業としていたが、事業継続を断念し、今回の措置に至った。

《有楽DELZACC》のP-WORLDページでは「破産管財人からのお知らせ」として今回の破産手続き開始決定の内容とともに、会員の貯玉・貯メダルについて「一般社団法人貯玉補償基金が、一定の限度で賞品(カタログ掲載商品等)により補償を行う可能性があります。補償を受けるにあたっては、「会員カード」が必要となりますので、会員カードは捨てずに保管しておいて頂きたくお願い致します」としている。

なお、新型コロナウイルス関連のホール企業の倒産は、4月15日の㈱赤玉(愛知県名古屋市、負債約37億円、破産)に続く2例目となった。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.