ダイナム、全従業員を対象にビジネス用チャットツール「WowTalk」導入

投稿日:

ダイナムは4月14日、シャドーIT対策の一環として、ワウテック株式会社が提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を全従業員対象に導入したと発表した。

同社によると、近年、利便性の高いITツールが次々と登場する中で、企業側が許可していない個人所有のスマートフォンやパソコン、あるいは個人で契約しているウェブサービスなどを用いて業務を行う「シャドーIT」が問題になっているという。

シャドーITは業務情報の漏洩やウイルス感染など、セキュリティリスクを抱えており、同社では、会社非公認のウェブサービスの業務利用を禁止するとともに、利便性とセキュリティの高い代替コミュニケーションツールの導入を検討していた。

この度、全社に導入した「WowTalk(ワウトーク)」は、セキュリティの高い環境下で社員間チャットや無料通話、社内SNS機能などが利用可能で、シャドーITの抑制に有効な対策であると認識しているという。

また、場所に制限されることなく、全従業員が利用できる点では、在宅勤務などの様々な働き方を促進し、スムーズな社内コミュニケーションによる業務効率の向上にもつながると考えており、アルバイト社員を含む全従業員が個人端末から利用できる環境を構築した。

同社では、「現在、グループ会社を含む約11,800名にアカウントを付与し、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、外出自粛要請がより厳格に求められる中では、さらに有効に活用していけるものと期待している」としているほか、今後もIT環境の整備、人材の教育、運用制度の整備などあらゆる観点から、情報資産を守り、ITを活用したコミュニケーションの促進と効率的な働き方を実現していく、としている。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.