都遊協が新型コロナ対応で組合員全店舗に消毒液を配布

投稿日:2020年3月13日 更新日:

東京都遊技業協同組合は新型コロナウイルス対応として、3月14日から順次、希釈して使用する消毒液を組合員全店舗に配布すると発表した。消毒液の確保が難しい店舗でも、感染拡大予防の継続的な取り組みができるよう後押しする。

配布するのは、弱酸性次亜塩素酸水溶液10L(400ppm)1セットと同携帯用ボトル150ml(200ppm)5セット。水で希釈して使用するもので、使用量は300台〜500台の中規模店(従業員30人程度)で1ヵ月分あるという。

遊技台や呼出ランプなど接触の多い箇所に直接スプレーし、乾いた布で拭き取って使用する。加湿器に投入することも可能で、空間除菌にも有効という。

-業界ニュース
-, ,

© 2020 グリーンべると