ストックがさらなるループを呼ぶ純増約9枚の沖スロ!/パチスロ ハナペカ

投稿日:

内覧会で試打した業界関係者たちは、同機のポテンシャルを存分に体感していた。

ニューギンは1月16日、都内上野ショールームで新台『パチスロ ハナペカ』の内覧会を開催した。

本機は純増約9枚の高さが最大の特長で、有利区間完走となる2,400枚の獲得にかかる時間はおよそ20分となっている。また約70%(設定1)でチャンスゾーン(CZ)とATがループする状態も搭載しており、見た目のシンプルさとは裏腹に、一撃性も秘めた1台となっている。

通常時はレア小役などからATを目指すゲーム性で、AT終了後にはCZへ突入、ATとCZで出玉を増やす仕様となっている。ATは1Set10Gで、青7揃いの「ぺかだんしんぐ」と、赤7揃いの「ぺかだんしんぐ はいぱぁ」という性能の異なる2種類のATを搭載している。

CZには「夕方ステージ」と「HANA CHANCE」の2種類が存在。「夕方ステージ」は32G継続するCZで、滞在中にATに当選することができれば消化後に上位CZ「HANA CHANCE」に突入する。

「HANA CHANCE」は32G+α継続する本機のキモとなる部分。同CZ中はAT当選期待度が大幅アップ。さらに32G消化まではATに当選してもストックされるため、一度のCZで複数のAT当選に期待できる。

通常時の演出は「衝撃告知モード」と「クラシックモード」の2種類から選択可能。さらに演出の発生頻度も「低・中・完全告知」の中から選ぶことができるため、プレイスタイルに合わせたカスタマイズを楽しむことができる。

納品は3月1日を予定している。

-新台
-, ,

© 2020 グリーンべると