増税時の来店頻度・使用金額の減少を懸念2019年4月26日(金)

 エンタテインメントビジネス総合研究所とシーズは4月26日、「第76回パチンコ景気動向指数(DI)調査報告書」を発表した。

 同調査は、パチンコ経営企業を対象に年4回実施しているもの。今回の調査期間は2019年3月14日~3月26日、有効回答数は73社だった。

 報告書によると、今回の収益や売上、粗利といった「全般的業況」はマイナス2.9ポイント(前回比41.8ポイント良化)と大幅に回復した。しかし、例年3月の調査では業況に回復傾向が見られており、3カ月後にはマイナス13.5ポイントまで悪化すると予測している。

 「全般的業況」を事業規模別にみると、全事業者で業況は改善されている。しかし、小規模事業者(1~3店舗)がマイナス28.6ポイント(同47.9ポイント良化)、中規模事業者(4~10店舗)がマイナス11.5ポイント(同30.7ポイント良化)という結果なのに対し、大規模事業者(11店舗以上)は4.3ポイント(同45.7良化)とプラスに転じており、事業規模別に業況感は異なる結果となった。

 また、今回の調査では「消費税増税の影響」についても質問。今年10月の増税が業界に与える影響で危惧することについては、「可処分所得の減少とともに余暇費用が減るため、遊技参加人口が減少する」が72.6%、「パチンコ・パチスロに使う1日当たりの金額や来店頻度が減少する」が71.2%と、遊技参加人口や使用金額、頻度の減少に対する懸念が大きいことがうかがえる結果となった。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月25日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年6月号
    • 巻頭特集
      エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
    • 依存症対策資料
      ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
    • ホールで輝く女性役職
      《名宝曙店》石川美結さん