マルハン全店舗、自己・家族申告プログラム導入2019年4月9日(火)

『自己申告・家族申告プログラム』のポスター

 マルハンは4月1日、パチンコ・パチスロの依存問題に対する取り組みの一環として、同社全319店舗で「自己申告・家族申告プログラム」の導入を開始した。

 これまでは、44都道府県、45店舗にて「自己申告プログラム」を導入していたが、より積極的な「予防」のためのアプローチに注力するべく、全店への導入へと至った。

 同社は2018年1月に、パチンコホール5社(合田観光商事、ダイナム、ニラク、夢コーポレーション、マルハン)でパチンコ依存対策について共同宣言を行っており、日本遊技関連事業協会(日遊協)の会員企業として、「パチンコ・パチスロ産業21世紀会」の依存問題への取り組みにも参画。今後も、パチンコ依存への対策をさらに推進していくとしている。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年9月20日(金)のイベント

  • 京楽産業./『ぱちんこ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』内覧会
    12:00~17:00/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年10月号
  • 特集
    導入から1年 設定付パチンコ の展望
  • Report
    急がれる受動喫煙対策に「室内循環型」という選択肢
  • Report
    空中方式の新たな集合搬送が登場