RSN、2月の相談件数は500件超え2019年3月25日(月)

 パチンコ依存問題に関する電話相談等の活動を行う認定特定非営利活動法人、リカバリーサポート・ネットワーク(RSN、西村直之代表)のレポートによると、2019年2月の電話相談件数は503件(沖縄RSN468件、全商協RSN支援室35件)で前月比では41件の増加、前年同月比では1件減少した。

 2月に受けた相談件数の内訳は、初回相談342件、複数回115件、間違い・無言・問い合わせ46件。初回相談の内訳は本人からの相談が290件、家族・友人からの相談が52件だった。相談の電話の結果となる紹介先(転帰)では、初回相談342件のうち209件が、他機関を紹介せずに相談を終えている。

 なお、12月の昼間と夜間の内訳は、昼間が283件(全商協RSN支援室27件を含む)、夜間が220件(同8件を含む)となっている。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年4月25日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年5月号
    • 特集
      さらば 平成ぱちんこ 時代は「令和」へ
    • 巻頭特集
      激動の時代にどう備えるか
    • パーラー経営支援特集
      全面施行まで約1年 急がれるたばこ対策