中国遊商が10回目の献血活動を実施2019年3月22日(金)

組合員が献血活動に積極的に参加した。

 全商協所属の中国遊技機商業協同組合(松原陽輔理事長)は3月15日、第10回目となる献血活動を実施した。

 当日は中国遊商組合員27社64名(うち1名は一般人)が参加し、50名(200mlが3名、400mlが47名)が献血に協力した。

 同組合では社会貢献活動の一環として「献血サポーター」に参加している。献血サポーターは医療に必要な血液を献血によって安定的に確保するため、献血に積極的に協力する企業や団体のことで、今年で参加して10年を迎えた。今後も継続して活動を行っていくとしている。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月20日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!