拾ったICカードを現金化、男性警部補書類送検2019年2月12日(火)

 兵庫県警は2月8日、兵庫県伊丹市内のパチンコ店で落ちていた他人のICカードで現金を引き出したなどとして、神戸北署の男性警部補(56)を窃盗と詐欺、遺失物横領の容疑で書類送検し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと各メディアが報じた。

 捜査関係者によると、昨年12月下旬、女性客が落としたICカードを拾い、届けずに現金数千円を引き出し、5万円以上の賞品と交換した疑い。警部補は調べに対して「出来心だった」と供述しており、容疑を認めているという。警部補は同日付で依願退職している。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月27日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年6月号
    • 巻頭特集
      エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
    • 依存症対策資料
      ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
    • ホールで輝く女性役職
      《名宝曙店》石川美結さん