エムシックの「マイ遊技帳」に新機能追加!2019年1月23日(水)

「マイ遊技帳」のログイン画面

 顧客分析ツール「AI-CIS」を提供するエムシックが、昨年10月にリリースした新サービス「マイ遊技帳」に新機能が追加された。(マイ遊技帳の主な機能については過去記事を参照)

 今回追加された機能は、登録ユーザーがパチンコ・パチスロ遊技をより楽しめるようにするためのデータ閲覧機能の拡充と、「過度なのめり込み」を未然に防ぐためのポップアップ通知機能の2つ。

 データ閲覧機能では、新たに「機種ごと」の項目を追加。この項目では、各機種の月累計の差玉や遊技日数・時間、投資金額などの表示が可能となっている。この機能によりユーザーは自分の遊技を簡単に振り返ることができ、自分の得意機種などを導き出しプレイスタイルなどに反映できるため、より一層遊技を楽しむことができる。

 ポップアップ通知機能は、「遊技日数」、「投資金額」、「遊技時間」などの項目でユーザー自身が設定した値を超えた場合に「マイ遊技帳」にログインすると超過項目をポップアップで通知してくれる機能。これにより業界が取り組む、のめり込み防止対策にも対応が可能となったため、店舗の「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」がこの機能をユーザーに提案するといったのめり込みの啓発に活用できるようになった。

 またこの機能は、2018年3月に改正交付され、6月15日から施行された条文にも対応している。新たに追加された第三十八条十一号には「ぱちんこ屋及び令第八条に規定する営業にあつては、客がする遊技が過度にわたることがないようにするため、客に対する情報の提供その他必要な措置を講ずること」とある。同社の運営する「マイ遊技帳」では、会員カードを使って遊技するだけで、ユーザー自身が遊技状況を把握することが可能なため、非常に効果的なツールといえる。

  • image
  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月12日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!