第3四半期の立入検査実績を報告~健全化推進機構2019年1月18日(金)

 一般社団法人遊技産業健全化推進機構は1月18日、平成30年度第3四半期(平成30年4月1日~12月31日)の立入検査店舗数及び検査台数を発表した。

 報告によると検査店舗数は、51都府県方面1,721店舗(うち計数機検査261店舗)。検査遊技機数は、ぱちんこが5,143台、回胴式が6,340台、計数機が261台(玉228台、メダル33台)となっている。

 昨年同期と比較すると、検査店舗数は約96.8%(昨年度1,777店舗)。今年度の目標店舗数2,200店舗に対しての達成率は約78.2%で推移しており、ほぼ事業計画通りとしている。なお、これらの数字には遊技機性能調査の結果は含んでいない。

 4月からの月別立入検査店舗数は以下の通り。
4月:158店舗(計数機33店舗含む)
5月:198店舗(計数機20店舗含む)
6月:211店舗(計数機34店舗含む)
7月:208店舗(計数機27店舗含む)
8月:158店舗(計数機20店舗含む)
9月:176店舗(計数機24店舗含む)
10月:214店舗(計数機38店舗含む)
11月:261店舗(計数機40店舗含む)
12月:137店舗(計数機25店舗含む)

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年4月24日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年5月号
    • 特集
      さらば 平成ぱちんこ 時代は「令和」へ
    • 巻頭特集
      激動の時代にどう備えるか
    • パーラー経営支援特集
      全面施行まで約1年 急がれるたばこ対策