遊技機性能調査の入賞状況、23カ月連続で100%2018年12月17日(月)

 一般社団法人遊技産業健全化推進機構は12月17日、遊技機性能調査の結果を発表した。

 直近の2018年11月の有効調査台数は、全国3地区19店舗の37台。このうち、37台全てにおいて一般入賞口への入賞が確認された。

 これで2017年1月から23カ月連続で、一般入賞口の入賞状況が100%となっている。

 遊技機性能調査は、2015年6月から開始され、2018年11月までの有効調査台数は、全国51(延べ351)地区1,967店舗の3,377台となっている。

 同調査では、1台のぱちんこ遊技機において大当たり等を挟まず、2,000個以上の打ち出しが確認できた調査のみを有効としている。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!