「フロア分煙」容認で、加熱式専用フロアが可能2018年12月12日(水)

 12月11日に開かれた厚生労働省の専門委員会で、受動喫煙防止対策として設置することになる「喫煙専用室」の一部基準がまとまったと、メディア各社が報じた。

 報道によると、まず「喫煙専用室」は、煙の流出防止のため、壁や天井などで区画され、入口から室内に向かって毎秒0.2メートル以上の空気の流れがあり、煙が屋外に排気されることを求めている、としている。

 加熱式たばこ専用の喫煙室も同じ基準とする。

 また、階数が複数ある店舗では、2階以上のフロア全体を「喫煙専用室」とみなすことを認める方針、という。

 これにより、加熱式たばこ専用室フロアとすることで、遊技ができるようになる。ただし、加熱式たばこ専用室は、20歳未満は従業員も含めて立入ができない。
 
 フロア分煙は、吹き抜けがあるなど受動喫煙を防げない構造では認めない方針という。

 報道によると、厚労省はパブリックコメントなどを経て、年度内に省令となる基準を正式に決めるという。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月21日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!