日工組、パチンコ内規を一部削除2018年11月1日(木)

 このほど日工組が、パチンコ機の内規から「確変継続率65%以下」の項目を削除したことがわかった。これにより高継続率の遊技機など、多様なゲーム性を有した遊技機の開発が可能となった。ただし、出玉総量に関する規則に変化はないため、射幸性は新規則機と同等だ。

 保通協への型式試験の持ち込みは11月12日からで、現在は型式試験の持ち込み予約が開始されている。

 なお、ホール導入は最短でも2019年2月からとなる見通しとのこと。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月12日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!